Chinese English Japanese     
 
 
太虚亭
棲霞飛天
碧雲亭
高奇峰の墓
紅葉谷
臥雲亭
始皇臨江所
彩虹明鏡
陸羽茶荘
乾隆御花园
More

 

 

 

 


棲霞飛天

   

 
      2000年、考古専門家は千佛岩で考査した時、「棲霞飛天」という壁画を見つけた。その壁画は千佛岩の「中102号」の洞窟にあって、長さは80センチメートルで、広さは40センチメートルである。飛天という女神が仏教の世界の「天楽神」で、極楽国において、琴を弾きながら歌って、仏を楽しませる。 「棲霞飛天」の発見は、わが国の古代文化財の宝庫を豊かにさせただけでなく、東の敦煌文化の空白を埋めた。さらに、敦煌文化と棲霞を代表としての南方の文化の源を明らかにした。その「棲霞飛天」は棲霞山の多くの洞窟で初めて見つけたものでありながら、唯一の完全な壁画でもあるので、世界の専門家の注目を浴びた。 ??