Chinese English Japanese     
 
 
太虚亭
棲霞飛天
碧雲亭
高奇峰の墓
紅葉谷
臥雲亭
始皇臨江所
彩虹明鏡
陸羽茶荘
乾隆御花园
More

 

 

 

 


始皇臨江所

   

 

      紀元前の206年、秦始皇は全国を統一してから、馬車で洞庭、九嶷山、銭塘、会稽、蘇州を回して、西へ進んで、南京に着いた。江嵊に来た時、ついでに攝山(棲霞山)に登った。それに、天地を祭るために、二つの璧をそこに埋めた。さらに李斯に文を作って、石を立てるように命じた。それは今度が並大抵の巡査ではない、全国を統一し、威力を示すという目的を表した。2006年の春、棲霞山風景区はここで「始皇臨江所」を立て直した。重檐亭、廊、軒と観光フラットホームなどを含めている。欄干にもたれて眺めると、江の水が絶えずに東に流れているのは目に入る。江の両側の景色は余すとことなく見渡せる。
??