Chinese English Japanese     
 
 
太虚亭
棲霞飛天
碧雲亭
高奇峰の墓
紅葉谷
臥雲亭
始皇臨江所
彩虹明鏡
陸羽茶荘
乾隆御花园
More

 

 

 

 


陸羽茶荘

   

 

   

   
      全国を回して、いろいろな名高い泉とお茶を鑑賞してきた唐代の茶聖陸羽は766年から779年までわざわざと棲霞山に来て、お茶を植えたり、摘んだり、炒めたり、飲んだりして、最後「茶経」を著作したので、歴史の記録に名を残した。その時、彼の住所は「陸羽精舍」と呼ばれた。棲霞山管理機関はそこの近くに「陸羽茶荘」を立て直した。800メートルの面積を占めて、唐風の四階の建築である。頂に上がって、揚子江、紫金山、南京城、棲霞山などをひと目で余すとことなく見渡せる。そこは棲霞山の風景区の一つの絶景である。
??